運営問題

運営問題


オープンβという中途半端な開始形態で本開業をしないまま終了してしまったPTC、
試作、試行とはいえ計画性の無さが目立ち、頭の悪い人がサイト運営していた為、酷い状況でした。


PTC運営状況


  • PTCの歴史
■『パーティーキャッスル』サービス概要

アルファテスト開始  : 2009年4月22日15時
オープンβテスト開始日:2009年10 月16 日(金)
有料βテスト開始日  :2009年12 月14 日(月)
正式サービス開始時期 :2010年1 月末(予定)
サービス縮小     :2010年8月15日
サービス終了     :2010年8月31日

料金 :基本利用料無料(アイテム課金)
開発/運営 :株式会社スクウェア・エニックス


PTCの収入元

  • 料金 :基本利用料無料(アイテム課金)
 アイテム作成者から集金する方式


PTCサイト管理

pixivを100とすると0.001ぐらいの管理能力、あまりにも酷い状況でした。


ユーザーとの関係

一部ユーザーとのお友達関係をした為、まともな運営がされなかった。


社員

ユーザーIDに、社員もまぎれていました、イベントにて飛び飛びのIDが確認されました。
数人がクローズドグループにおり、サクラをやっていた人もいました、
サクラ活動は良いのですが自分の意見を通すために運営権力を行使したのが問題でした。(PP支援問題、検索問題)

サクラ活動は、PP支援問題での運営権力行使で疑われたのですが、
この人物と運営の好き嫌いの連動、この人物が気に入った物は運営のひいき、嫌いな物は運営も排除の行動
個人サイトのアクセスアカウントがスクエニなのを知られないように即サイトの閉鎖
社員である事を打ち明けていた人からの漏洩を疑り、グループ崩壊、
さらに、この人にとっては重要で多くの人にとってはどうでもよいバグが優先的に直された出来事などから
運営の知り合い、友達の域を超えた特別扱いがあり、社員であると判断しています。

また、パーティ広場のログも覗き見ていたようです。









  • 最終更新:2012-04-21 15:38:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード